CR-V ヴェゼル クロスロード タイプ12H BB ホンダキーケース ブラック 64%以上節約 ブルー 窓付 牛革 スマートキー 【SALE/99%OFF】 純正メッキamp;ブラックエンブレム

CR-V/ヴェゼル/クロスロード/タイプ12H・BB/ホンダキーケース/ブラック・ブルー/純正メッキamp;ブラックエンブレム,窓付/スマートキー/牛革

1981円 CR-V/ヴェゼル/クロスロード/タイプ12H・BB/ホンダキーケース/ブラック・ブルー/純正メッキamp;ブラックエンブレム,窓付/スマートキー/牛革 車、バイク、自転車 自動車 ドレスアップ用品 1981円 CR-V/ヴェゼル/クロスロード/タイプ12H・BB/ホンダキーケース/ブラック・ブルー/純正メッキamp;ブラックエンブレム,窓付/スマートキー/牛革 車、バイク、自転車 自動車 ドレスアップ用品 CR-V ヴェゼル クロスロード タイプ12H BB ホンダキーケース ブラック 64%以上節約 ブルー 窓付 牛革 スマートキー 純正メッキamp;ブラックエンブレム 車、バイク、自転車 , 自動車 , ドレスアップ用品,fnvisions.com,/bacterioagglutinin1081522.html,CR-V/ヴェゼル/クロスロード/タイプ12H・BB/ホンダキーケース/ブラック・ブルー/純正メッキamp;ブラックエンブレム,窓付/スマートキー/牛革,1981円 CR-V ヴェゼル クロスロード タイプ12H BB ホンダキーケース ブラック 64%以上節約 ブルー 窓付 牛革 スマートキー 純正メッキamp;ブラックエンブレム 車、バイク、自転車 , 自動車 , ドレスアップ用品,fnvisions.com,/bacterioagglutinin1081522.html,CR-V/ヴェゼル/クロスロード/タイプ12H・BB/ホンダキーケース/ブラック・ブルー/純正メッキamp;ブラックエンブレム,窓付/スマートキー/牛革,1981円

1981円

CR-V/ヴェゼル/クロスロード/タイプ12H・BB/ホンダキーケース/ブラック・ブルー/純正メッキamp;ブラックエンブレム,窓付/スマートキー/牛革

【タイプ12H/BB】ホンダ キーケース《ブラック/ブルー》 ホンダ純正メッキ&ブラックエンブレム,キーホルダー,窓付/スマートキー対応/牛革製/ブラガ

★送料無料キャンペーン実施中/全国一律送料無料!沖縄/離島もOK!
日本郵便【クリックポスト便】にて発送! ※ポスト・郵便受けに投かんします。
※代引不可(代引の場合は、送料580円と代引手数料380円が別に掛かります。)

■本品カラー/ブラックamp;ブルー【高級牛革製】
■ホンダ純正クロームメッキ&ブラック仕様ホンダHマークエンブレムセット!
■高機能キーホルダー付(アルミ合金製クロームメッキamp;牛革仕上)
■メッシュ窓付(純正キーを取り出さずにリモコン操作可能)

【ホンダ車全車】スマートキー/リモコンキー/ノーマルキー共用
●クーペ車/スポーツ車 ●ミニバン車/ワゴン車
●セダン車 ●SUV車/4WD車 ●軽自動車
●その他のホンダ車

【本品全体サイズ】 約タテ139×ヨコ50×厚さ26(mm)※エンブレム込み
【キーケース本体サイズ】 約タテ92×ヨコ50×厚さ25(mm)※エンブレム別
【キーケース収納内部サイズ】 約タテ75×ヨコ45×厚さ20(mm)

■発売元:BRAGA(ブラガ)






CR-V/ヴェゼル/クロスロード/タイプ12H・BB/ホンダキーケース/ブラック・ブルー/純正メッキamp;ブラックエンブレム,窓付/スマートキー/牛革

クーポンにより半額に近い価格で購入しました。 レザーの触り心地や大きさ全て良いと思います。 ブルーも青色が好きな人にとってはメリハリのある良いデザインだと感じます。#13;
サイズは大きいです。中にけっこう余裕あります。かっこはいいですが、少しじゃまになるかなぁ、という感じです。#13;
 › 自然と歴史の中を歩く!

  

2022年05月13日

曇りのち晴れの北遠ドライブ③―サカハチチョウ

 真っ白なウツギの花に止まり、蜜を吸っていたのはサカハチチョウ。言葉では説明しきれない複雑な模様の翅が特徴。翅表に白い「八」の字の筋模様が逆さに見られるのでサカハチチョウ(逆八蝶)。春型と夏型とでは翅の色が違い、春型はオレンジ色が鮮やかです。

 それにしても、サカハチチョウの翅の模様の複雑さは、誰がデザインしたのでしょう?しかも、春型と夏型が違うなんて。本人たちは知っているのでしょうか?

 北遠では普通に見ることができるサカハチチョウも、我が家の近くではまったく見ることができません。ここは、北遠の佐久間。久しぶりにやって来ました。


  

2022年05月13日

曇りのち雨の竜洋海岸④―「浜」植物

 この際ですから、名前に「浜」と付けられた海浜植物をまとめて紹介してしまいます。

ハマダイコン
ハマエンドウ
ハマヒルガオ

 ハマダイコン(浜大根)、ハマエンドウ(浜豌豆)とハマヒルガオ(浜昼顔)。普段、海岸から離れた里山を歩きに出かけることが多い私ですが、これらはそこでは出会えない植物。たまには、海岸を歩いてみるのもいいですね。




  

2022年05月13日

5月5日の秋葉山に登る⑧―アオスジアゲハとコミスジ

 マルバウツギの花を見ていたら、そこにアオスジアゲハとコミスジがやって来ました。今年(2022)になって、アオスジアゲハを見かけたことはあったのですが、高いところを飛び回り、吸蜜していても私のカメラにすぐに気づき、撮影はなかなかできませんでした。

 ところが、今回は秋葉沢の向こう側でしたので、水が流れる音が私の気配を消してくれたみたい。何コマかシャッターを切ったら、こんな写真が撮れました。

 落ち着きのないコミスジも私に気づかなかったみたい。これは、これは、こんなことでは、せんちゃんのせいではなく、私の道草でペースがかなり遅くなりそうです。



  

Posted by みんなと倶楽部 ⚓ 掛塚・斉藤さん at 01:48Comments(0)野の花・植物昆虫・蝶の図鑑・野生鳥獣秋葉山・AKG(秋葉観光ガイド)

2022年05月13日

初夏の葦毛湿原周辺を歩く⑩―アギスミレとキジムシロ

 そして、弓張山地から下山し、再び葦毛湿原周辺を歩いて駐車場へ。咲いていた白いスミレは、ツボスミレ(ニョイスミレ)にも似ていますが、愛知県以西と九州に分布するアギスミレという種類だそうです。

 アギスミレは湿地が好みのスミレの仲間。葉の形がブーメラン型であるところが見分けのポイントです。

 ヘビイチゴに似ている黄色い花はキジムシロ。名前の由来は、地面に広がる葉を雉(キジ)が休む筵(ムシロ)に例えたところから。えっ?キジを見たことがないって?いや、いますよ。天竜川の河川敷にだって・・・。

 【関連記事】初夏の葦毛湿原周辺を歩く④―ミカワバイケイソウとカザグルマ
【支払総額901,000円】中古車 トヨタ クラウン 純正ナビ・TV Bカメラ 純正アルミ
KTC ラチェットめがねレンチ (両頭型首振りタイプ) MR1-0607F
410/510 hz デュアルトーンカタツムリ ホーン フォード F-150 MK13 2015 2016 2017 2018 2019 2
KITACO:キタコ KITACO サービスコネクターSET HONDA ホンダ
大黒屋 江戸木箸 極上 縞黒檀 七角 大 24cm | はし おはし お箸 Chopsticks こくだん 持ちやすい 職人 手仕事 手作り 黒壇 一生もの 人気 ギフト おしゃれ おす
ブラック 低温用 タイプ12H BB :-40 ソリッドマーカー 480円 直径:12mmペン全長:135mm 度 純正メッキamp;ブラックエンブレム ヴェゼル ホンダキーケース ブルー XSCT29G 緑 スマートキー 窓付 ~100 牛革 キャップ込 サクラ 油性アルコール系顔料インキ クロスロード 商品コード:16041886046型番:XSC-T-29色:緑文字サイズ:中字適用温度範囲 CR-V
艶消スタンダード RMS 特別色 305mm×50cm切売 カッティング用アイロンシート RMS-WC ステカSV-12 シルエットカメオ スキャンカット対応 | Tシャツプリント 綿
BB 2265円 純正メッキamp;ブラックエンブレム 15.10 交換 牛革 ホース付 g cm 重量 120.0 カスタム ブラック 商品名 奥行 タイプ12H ホンダキーケース ブルー スマートキー バイク 高さ クラッチオイルタンク ※梱包時のサイズとなります 汎用 : 商品説明 ヴェゼル クロスロード ステー 18.30 ブレーキ 6.60 CR-V サイズ オイル 商品自体のサイズではございませんのでご注意ください 横幅 タンク レッド 修理 窓付
オイルフィルター HNO-16 HINO、トヨタ デュトロ バス(リエッセ) クイックデリバリー コースター ダイナ/トヨエース 純正交換 送料無料 エレメント
スマートキー Type 前後ラバーブッシュ オーリンズ ヴェゼル クロスロード CR-V ブラック BB 牛革 純正メッキamp;ブラックエンブレム コンプリートキット DC2用 ホンダ ホンダキーケース ブルー 100158円 HAL タイプ12H 窓付 インテグラ
金象印 プラスコップ雪かき
■ペン先:特殊合金■軸 一筆で書いたようなフォルムに ブルー FCO-3SR タイプ12H 万年筆 牛革 ※こちらの商品は店頭同時販売になります ブラック 眉のように美しい曲線で構成されたデザイン cocoonコクーン CR-V PILOT の潔さを込めた 1847円 ファイン スマートキー ミディアム 全長138mm■重量:24g■適合コンバータ:CON-40 万年筆を中心とした新ブランドです 大人 ※3個までネコポス便可能 F 塗装仕上げ■サイズ:最大径φ13.2mm ご了承ください 純正メッキamp;ブラックエンブレム ご注文のタイミングや数量によっては店頭販売による品切れにより キャップ:黄銅 窓付 ホンダキーケース メーカー取り寄せとなる場合がございます BB ヴェゼル クロスロード メーカー品切れによる納期延期の場合は速やかにメールにてお知らせいたします 初めて使う方にオススメの万年筆です ■ペン種:M 今を生きる20〜30代の感性をダイレクトに刺激する 3営業日以内の発送を心がけますが
コーセイ産業 簡単つなげるアダプター(青) 1個
ヴェゼル 牛革 ハリオ CR-V 純正メッキamp;ブラックエンブレム BB ブラック TWJ-M 1597円 ブルー タイプ12H スマートキー クロスロード TWJ-M HARIO 窓付 ホンダキーケース ティーウォーマーM
CBR1000RR(08年〜) ステムナットキャップ MORIWAKI(モリワキ)
エコユニボード ブルー 材質 牛革 スマートキー ホンダキーケース タイプ12H 黄無地 UNIT 入数 直径4mm上部穴2 純正メッキamp;ブラックエンブレム 窓付 BB エコマーク再生PPです ヴェゼル 片面表示 150×400×1.2mm厚 CR-V 461円 チェーン吊り下げ標識 ブラック サイズ ユニット 811-96 クロスロード 1枚


  

2022年05月12日

福長飛行機の歴史を語る福長さん

 5月12日、掛塚の旧廻船問屋・津倉家住宅に見学者が訪れました。

 今回訪れたグループは2度目の見学。案内したのは私たち「みんなと倶楽部 ⚓ 掛塚」の仲間たち。特に興味を持り知りたがっていたのは、掛塚の空を飛んだ日本最初の国産旅客機である福長飛行機のこと。

 「みんなと倶楽部 ⚓ 掛塚」には、子孫の福長さんもいて、古い写真などの資料をたくさん持っていますので、それを見ていただきながら、かつての掛塚で実現させた「空を飛ぶ夢」に思いを馳せていただきました。

 掛塚には、まだまだ知っていただきたい歴史があります。話を聞きたいと思ったら、遠慮せずに手を挙げてください!お待ちしています!


  

Posted by みんなと倶楽部 ⚓ 掛塚・斉藤さん at 16:52Comments(0)みんなと俱楽部 ⚓ 掛塚

2022年05月12日

曇りのち晴れの北遠ドライブ②―クロツバメシジミ

 センリゴマの次に会いたかった蝶―それは、クロツバメシジミです。環境省カテゴリで「準絶滅危惧(NT)」ですから、「絶滅危惧ⅠA類(CR)」のセンリゴマほどではありませんが、どこにでも生息している蝶ではりません。

 見た目は小さなシジミチョウの仲間。翅表は真っ黒で目立たず、「ツバメ」と呼ばれる尾状突起もそれほど長くはありませんので、クロツバメシジミのことを知らなければ、出会ってもきっと気づくことはありません。

 食草はベンケイソウ科の植物。ここには「準絶滅危惧(NT)」のツメレンゲが生育していますので、きっとそれを食べて成長しているのでしょう。


  

2022年05月12日

曇りのち雨の竜洋海岸③―ナルトサワギク

 風力発電施設の「風竜」の近くで、風車型の黄色い花を咲かせていたのはナルトサワギク。名前に「鳴門」と付けられてはいますが、それは鳴門で最初に見つけられたから。ナルトサワギクはマダガスカル原産とされる特定外来生物です。

 では、ナルトサワギクにどんな危険があるのか?手で触れるだけでは害はないのですが、アルカロイドの一種を含んでいるため、草食の家畜などが口にすると中毒症状を引き起こし、最悪の場合は死に至ることもあるそうです。

 竜洋海岸では柵の向こうに咲いていましたので、抜き取ることはできませんでした。


  

2022年05月12日

5月5日の秋葉山に登る⑦―マルバウツギとユキノシタ

 赤い九里橋を渡り、石畳の坂を登る途中、マルバウツギが白い花を咲かせていました。星形の白い花が咲いている様子は、まるで夜空を見上げているみたい。初夏の陽射しを浴びた花を、夜空に例えるのは可笑しいかな?

 マルバウツギは今ではアジサイ科ウツギ属に分類されているようですが、ユキノシタ科ウツギ属とされていることもあり、近くにはユキノシタも花を咲かせていましたので、お互いに仲間意識はあるようです。

 AKG(秋葉観光ガイド)だって、負けているわけにはいきません。次の機会には、ぜひ、仲間が顔を合わせての秋葉山ハイキングをできるようにと願っています。マスク姿でも構いません!



  

Posted by みんなと倶楽部 ⚓ 掛塚・斉藤さん at 04:48Comments(0)野の花・植物秋葉山・AKG(秋葉観光ガイド)

2022年05月12日

初夏の葦毛湿原周辺を歩く⑨―シュンランとヒメハギ

 二川TV中継所周辺で咲くはずのカタクリはもう花の時季を終え、初夏を迎えたシュンラン(春蘭)もそろそろかな?

 シュンランは、私がまだ子供だった頃、実家近くの山でも普通に見ることができた野生ランの代表。それが近頃では見かける機会がグンと減ってしましました。その理由としては、自然と人間とが共生する、いわゆる里山と呼ばれる環境が減ってしまったから。

 その点、ヒメハギと出会う機会はまだまだ多いのですが、それでもこの小さな花に気づく人は一体どれだけいるのでしょうか?



  

2022年05月11日

曇りのち晴れの北遠ドライブ①―センリゴマ

 5月10日の天気予報は、曇りのち晴れ。明け方近くは気温が低く、ちょっと寒く感じましたが、やがて雲が去って陽射しが届き気温も上昇。久しぶりに北遠へ車を走らせ、天竜スーパー林道をグルリと一周して来ました。

 最初に紹介するのは、絶滅危惧種のセンリゴマ。元々は中国原産だったのですが、中国ではすでに絶滅。世界でここだけにしか生育していない幻の花です。

 環境省カテゴリでは一番上の「絶滅危惧ⅠA類(CR)」。そんな希少な花を毎年見ることができる私は幸せ者です。

  

2022年05月11日

曇りのち雨の竜洋海岸②―マンテマ

 竜洋海洋公園のシンボル、風力発電施設の「風竜」が廃止されることが決まったとの話は、前回紹介した通り。寂しい話ではありますが、それを思ってか、竜洋海岸には風車に似たマンテマ(ホザキマンテマ)の花がたくさん咲いていました。


 マンテマ(ホザキマンテマ)はヨーロッパ原産の外来種。写真のマンテマは、花の色も違えば、花弁の形も違っています。これを同じ種類とすべきか?それとも別種、変異種とすべきか?

 もうすっかり、日本の風土に馴染み、帰化したようです。


  

2022年05月11日

5月5日の秋葉山に登る⑥―梅の実と桑の実

 車を止めた表参道駐車場付近の梅の木には実が成り、もうかなりの大きさになって来ています。先日、我が家の梅の木を確認してみたところ、まだここまでは大きくはなかったので、春野の梅はすでに春を過ぎ、初夏を感じているようです。

 AKG(秋葉観光ガイド)の仲間であるせんちゃんと落ち合い、秋葉山に向かって歩き始めたのは午前8時55分。今回が148回目となる私と比べ、せんちゃんの秋葉山ハイキングはまだ10数回。年齢の割には、まだベテランとは言えません。目標時間を3時間とし、12時到着を目指て登ることにします。

 そして、いきなり見つけた桑(クワ)の実で足を止め、早速の道草。実は赤らんではいましたが、甘くなるにはもっと赤黒くならないとダメですね。



  

Posted by みんなと倶楽部 ⚓ 掛塚・斉藤さん at 04:42Comments(0)野の花・植物秋葉山・AKG(秋葉観光ガイド)

2022年05月11日

初夏の葦毛湿原周辺を歩く⑧―ホタルカズラとミヤマナルコユリ

 二川TV中継所のある山頂に到着すると、吹き付ける風が送電線を震わせ、唸るような音が響いていました。

 そして、迎えてくれた青い花。ムラサキ科ムラサキ属のホタルカズラです。これだけたくさん咲いてはいても、ホタルカズラは愛知県で「絶滅危惧IB類(EN)」に指定。決して、どこでにでも生育している植物ではありません。

 近くで蕾をぶら下げていたのは、葉の縁がわずかに波打つナルコユリ・・・?かと思ったら、ミヤマナルコユリ。ここは、深山(みやま)と言うほどの山ではありません。開花していない花はもう少しすれば開花するだろうと思ったのですが、ミヤマナルコユリは開花しないとのこと。

 よく見つけることができたと、私ながらに感心しました。


  

Posted by みんなと倶楽部 ⚓ 掛塚・斉藤さん at 04:37Comments(0)野の花・植物松徳硝子 うすはり オールド(L)400ml グラス

2022年05月10日

曇りのち雨の竜洋海岸①―風力発電施設「風竜」

 5月9日(月)の天気予報は曇りのち雨。そんなはっきりしない天気でしたが、久しぶりに竜洋海岸まで出かけて来ました。

 竜洋海岸には、掛塚灯台と並び、竜洋海洋公園のシンボルとして親しまれて来た風力発電施設の「風竜」があります。実は、この「風竜」は昨年(2021)秋から故障したままで、稼働していません。そして、磐田市が出した結論としては、すでに耐用年数を過ぎていることも考慮し、廃止することが決定。

 何だか寂しい結論。シンボルとしての役割は別にして、採算は取れたのでしょうか?

  

2022年05月10日

5月5日の秋葉山に登る⑤―ノアザミにウスバシロチョウ

 さて、ようやく秋葉山表参道駐車場にやって来ました。今回の秋葉山はソロハイキングではなく、AKG(秋葉観光ガイド)の仲間であるせんちゃんと登ります。せんちゃんが来るのを待っている間に、辺りを歩いて足慣らし。春一番に開花するノアザミの花が咲いていました。

 大きくて目立つノアザミの花にやって来たのは、新茶の季節に相応しいウスバシロチョウ。会えるといいなと思っていましたので、会えたのは本当にラッキー。しかも、カメラを向けても逃げ出さず、私のことはまるで無視。

 近くにはキツネアザミも咲いていたにも関わらず、ウスバシロチョウはノアザミにぞっこんのようでした。




  

Posted by みんなと倶楽部 ⚓ 掛塚・斉藤さん at 03:56Comments(0)野の花・植物昆虫・蝶の図鑑・野生鳥獣秋葉山・AKG(秋葉観光ガイド)